国家資格と20年の経験を持つセラピストが施術いたします。11月は毎週金曜日、25日、26日、30日を休ませていただきます。
NO IMAGE

デスクワーク中の腰痛

いつもありがとうございます。

さとみ整体院の佐藤里美です。

 

桜は終わりましたが街にはいろいろな花が咲いていますね。

新緑も日に日に鮮やかになっています。

私は早起きで早朝に散歩することがあるのですが、朝の緑はなんとも言えない色をしています。

蛍光味を帯びているというか、朝日のおかげで綺麗なんです。

ぜひこの時期早起きして緑観察してみてください(^ ^)

 

さて今日はお悩みで多いデスクワーク中の腰痛についてです。

以前にも書いたような気がするのですが気にせずまた書きます(笑)

 

座ってると腰が痛い!

老いも若きもデスクワークをされている方は多いですね。

私もこうやってパソコンに向かっているわけで。

 

〜「座りすぎ」は死亡リスクが40%高くなる〜

 

というショッキングなデータがあります。

欧米では2000年頃から問題視され、現在は座りすぎないようにガイドラインが作成されている国もあります。

ちなみに日本は世界一「座りすぎ」だそうです。

そんな日本でも最近は立ったままデスクワークをする企業も出てきましたね。

と言っても社員の健康まで本気で取り組んでる企業はごく一部です。

ということは自分の体は自分で守らなければならないということです。

いきなり寿命問題になってしまいましたが、デスクワークによる腰痛、肩こりも同じく、職業病と諦めずに自分の体は自分で守らなければならないのです。

 

デスクワーク腰痛の原因

原因1 背骨のカーブの減少

直立の姿勢と座った姿勢では、座った姿勢の方が腰に負担がかかります。

そもそも背骨はS字の彎曲があり、腰は反った形のカーブになっています。

彎曲してるからこそ背骨にかかる圧が分散されるのです。

座った姿勢では自然に腰のカーブの角度が小さくなり椎間板に圧がかかり椎間板が徐々に傷んでしまいます。

原因2 筋肉のポンプ作用低下

長時間体を動かさないと筋肉のポンプ作用が働かなくなり血液、リンパ液の流れが悪くなります。

血液、リンパ液が滞ると筋肉は酸欠、老廃物がたまり硬くなります。

筋肉が硬くなればさらにポンプ作用が、、、そんな悪循環が発生することでどんどん筋肉には疲労物質がたまり腰痛を引き起こします。

これは腰の筋肉だけの話ではなく、足や上半身の筋肉も同じように固まってしまい、関係ないようですが筋膜の繋がりで腰痛につながってしまいます。

原因3 デスク環境

机と椅子の高さが身長と合わず丸まった姿勢になっていませんか。

特に男性は一度チェックしてみてください。

もし合わなければ座布団を敷いたり、キーボードの高さ調整をします。昔私がやってた方法ですが木製の大きめのまな板をキーボードの下に置き高さを調整してました。腕を乗せれるくらいの大きさがベストです。高身長の方にはオススメです。

逆に身長が低く、深く腰掛けると足全体が床につかない場合は何か足台を置いて足全体が床につくようにしたほうが腰に負担がかかりません。

原因4 歪み

そもそも体が歪んでいる状態で座ると体の一部に負荷が集中して痛みを引き起こします。

これ、結構多いんです。

歪みが一番の腰痛原因になっている方は歪みを整えるだけでデスクワークはかなり楽になります。

一回の施術で平気になっちゃうケースも時々あります。

ただ、やはりデスクワークとは体に負担をかけるお仕事ですので歪みを整えるだけで全ては解決しませんのでその他の原因も排除していく必要があります。

 

対処法

身も蓋もないことを言ってしまえば、とにかく座りっぱなしを避けることが第一です。

なるべく30分に一回は立ち上がり、その場ででも足踏み、伸びをすることを勧めします。

足踏みは股関節、膝関節をできるだけ曲げ伸ばしをします。

忘れないようにタイマーをかけておくと良いですね。

 

その他にも対処法をいくつか。

1 座ったまま、上半身伸びをしながら足も片方ずつぎゅーっと伸ばします。

2 片方ずつ腕を肩から内回し外回ししてみて、気持ちの良い方をぎゅーっと回します。その時に腕だけでなく腰も一緒に自然に捻ると筋膜の繋がりで腰までほぐれます。

3 これは特に肩こりも有効ですが指を一本一本反らします。机の上か太ももの上に手を置いて腕の力を抜きます。反対の手で指の付け根を押し込むようにして一本一本の指を反らします。

爪の両サイドをつまんでグリグリするのも有効です。

動画の解説⬇︎

あとは腰のカーブを保つように座るというのがベストなんですが、実際は無理です。

少しの時間なら可能ですが長時間の意識は無理ですし、下手に意識して座ると余計なところに力が入って逆効果になりかねません。せめて椅子に深く座って社長座りにならないようにしてください。

また、お尻の後ろの方にタイルをたたんで少し高さを出すと自然に骨盤が起き上がり背骨のカーブを比較的保ちやすくなります。

 

終わりに

「座りすぎ」は寿命を縮める。

動かないことだけではなく、パソコン作業をしていればブルーライトや電磁波の影響で自律神経が乱れ、体全体の調子を崩します。

デスクワークで腰痛や肩こり、体の不調があるならすでに「座りすぎ」状態になっており寿命縮んでる可能性があります。

大切な人のために一生懸命に働いてからだを壊すなんて、美談のようですが実際は誰も喜んでくれません。

あなたの体は会社は守ってくれません。

自分で守ってください。

 

最後までおつきあいありがとうございました。

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!