国家資格と20年の経験を持つセラピストが施術いたします。

何タイプのO脚?

O脚

いつもありがとうござます。さとみ整体院の佐藤里美です。

 

この前まで変形性膝関節症について書いてたので、その流れでO脚についても書いてみたいと思います。

O脚は見た目の問題だけでなく、全身に影響します。

地面に近い部分が歪んでいるということは、家で言ったら土台が歪んでいるということ。

例えば、腰痛、股関節痛、肩こりなど身近な症状がO脚からきている可能性があるのです。

また、O脚が進むと変形性膝関節症や変形性股関節症に移行する可能性が高くなります。

できることなら早めに対処しておいたほうが良いかと思います。

 

 

O脚には3種類ある

一般的にはO脚と言うと膝と膝がくっつかない状態のことを言いますが細かく分けると3パターンあります。

1 膝下が外に開いているO脚

2 完全に脚と脚全体が開いてるO脚。

3 一見X脚のように見えるO脚。

 

膝下が外に開いてるO脚とは

太ももはくっついているけどスネが外に開いている状態。

ぱっと見すごいO脚じゃないけど、決して真直の脚ではないという感じです。

このパターンは多いですね。

3つのパターンのO脚全部そうですが足首から下がちゃんと使えていないことが大きな原因になります。

扁平足、外反母趾など脚の指をちゃんと使えていない歩き方をしているとその分、スネやふくらはぎの筋肉が頑張って働いて膝下が太くなります。さらにスネの骨の外側にある腓骨という割り箸みたいな骨がどんどん外側にずれてしまい、さらに膝下が外に開きO脚になります。

 

完全に脚と脚が開いてるO脚とは

膝下のO脚が進行して股関節まで外側に開いてしまった正真正銘のO脚です。

股関節が外に開くと、力の関係が崩れて骨盤も開いてしまいます。

骨盤が開ばお尻も大きくなるし、お腹もポッコリになります。腰痛や肩こりも起こります。

 

一見X脚のように見えるO脚

膝下のO脚から、そのまま外側へ開く力に股関節が負けてしまったのが、完全に脚と脚が開いてるO脚。

外へ開く力より太ももを閉じる力、太ももの内側の筋肉が強かった場合起こるのがコレです。

ただし、この場合もテコの原理で股関節は外に開いてしまいます。

 

O脚の矯正

このようにO脚は3パターンありますが、まずは地面に着く足の部分を解決していく必要があります。施術と運動でしっかりと足の指、足首を使えるようにします。

同時に股関節、骨盤の状態を正しい位置に修正しますが、バキっとすることはなく、操体法という方法でご自分の力で整えます。

 

さとみ整体院では、いわゆるO脚矯正!骨盤矯正!というメニューがあるわけではありません。

体を整える中で必要があれば通常の施術の中で行っています。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!

O脚の最新記事8件