国家資格と20年の経験を持つセラピストが施術いたします。
NO IMAGE

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

そう診断された方は多いのではないでしょうか。

加齢とともに増加する珍しくはない疾患です。

どんな疾患なのか簡潔に、また当院での対応をお伝えしたいと思います。

 

脊柱管狭窄症とはどんな状態?

字のごとく、「脊柱管」が「狭窄」したことによって起こる不快な症状のことです。

 

脊柱管とは

背骨は首から腰まで24個の骨が連なって一本の背骨を形成しています。

それぞれの骨には脊髄神経の通り道となる穴が開いており、これが連なることで管状の空間ができます。

これが脊柱管です。この中を脊髄神経という全身を支配する大きな神経が通っています。

 

狭窄するとは

背骨のクション役である椎間板が飛び出したり、背骨についている靭帯が分厚くなって脊柱管を圧迫したり、背骨自体が変形して脊柱管を圧迫したり、、いろんな理由で脊柱管を圧迫します。

結果、その中を通っている脊髄神経を圧迫して不快な症状を引き起こすとされています。

 

脊柱管狭窄症は病名でない

脊柱管狭窄症は病名でなく症状のひとつなのです。

ヘルニア、腰椎すべり症、腰椎分離症、変形性腰椎症、変形性頚椎症、黄色靭帯骨化症、後縦靭帯骨化症などで脊柱管狭窄症が引き起こされます。

 

 

特徴的な症状

腰痛、お尻や足にかけての痛み、痺れ、間欠性跛行、排尿障害。

また、腰以外に首でも同じように脊柱管狭窄症は起こります。

 

間欠性跛行とは

ある程度の距離を歩くと痛みや痺れで歩き続けられなくなります。

座ったり、屈んで休むことで症状が軽くなりまた歩き始められることを間欠性跛行と言います。

構造上、腰を伸ばすことで神経の圧迫が強くなるために歩いてると痛みが強くなるのです。

逆に腰を屈めることで神経の圧迫を解放することができ症状が回復します。

ただ、この間欠性跛行は脊柱管狭窄症だけの症状ではなく、足の血管が詰まる病気(閉塞性動脈硬化症、閉塞性血管性血管炎)でも起こるので判別診断が必要です。

 

タイプ別

1:神経根型(しんけいこん型)

神経の通り道が狭くなり背骨の近くにある神経の根元が圧迫されるタイプ。片足のみに症状が出ることが多い。

2:馬尾型(ばび型)

背骨の中を通る神経は腰のあたりから馬のしっぽのように細かく分かれます。これを馬尾神経といい、ここが圧迫されるタイプ。

両足に強い症状が出ることが多い。排尿や排便がうまくできなくなることも。

3:混合型

文字通り、神経根型と馬尾型が合わさったタイプ。

 

 

病院での治療

一般的には痛み止めと物理療法、リハビリが一般的です。

物理療法とは電気、牽引、温熱療法の事で、症状の一時的な緩和が目的で根本治療とはなりません。

そもそもやる必要があるのかの議論も多くあります。私個人の意見としては全く不要と考えます。

リハビリではストレッチや筋力強化訓練などが行われます。

 

手術が必要になるのは1000人に一人くらいと言われています。

ほとんど手術は内視鏡下で行われます。方法はいろいろありますが専門外なので割愛します。

病院のサイトなどを参考にされてください。

 

 

当院での施術

いきなり狭窄してる部分の施術はしません。

狭窄してる部分を触ってもそこが狭窄した原因はないからです。

全身の歪みを整えることで結果的に背骨の位置が整い狭窄が緩和されます。

 

そもそもの話をすると、脊柱管狭窄症からの症状だけではない。

脊柱管狭窄症からの痛みのほか、別の原因から痛みを助長してることが本当に多いのです。

その、「別の原因」というのは残念ながら病院ではわかりません。

この場合、手前味噌ですが整体師の方が強いです。

私は病院に勤めていたのでよくわかります。

 

西洋医学だけでは解決できない。東洋医学だけでも解決できない。両方合わせても解決できない。

全く違う視点からアプローチすることで回復してもらいます。

筋肉や骨格、経絡だけでは足りない。

筋肉・骨格・経絡・内臓・脳・頭蓋骨・身体意識、全てがあって身体です。

 

少し未知の世界のように聞こえるかもしれませんが、よく考えると当たり前のことなのです。

それらの要素をトータルで鑑別してアプローチします。

 

 

ほとんどの人は無症状

ある調査で無症状の人をMRI検査したら高齢になる程、脊柱管が狭窄していたというデータがあります。

つまり脊柱管が狭窄して痛みが出る人は少数派ということです。

これは狭窄の程度の問題と、本当に脊柱管狭窄症の痛みなのかという問題です。

後者の問題をどう捉えるかで結果は大きく変わると思いませんか?

 

 

まとめ

・脊柱管狭窄症は脊髄神経の通り道を圧迫することで不快な症状を引き起こす。

・脊柱管狭窄症は病名ではなく様々な病気の症状のひとつ。

・病院では痛みどめ、電気、リハビリ、重症だと手術。

・既存の医学だけでは解決できないことが多い。

・痛みが出る人は少数派。

・「百聞は一見にしかず」本当にお困りでしたら一度ご相談ください。

 

最後までおつきあいありがとうございました。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!